Event is FINISHED

アグリイノベーション大学第1期 A3・有機農業の応用1/1~5

5/26(日)14:00~全5回の講義で農業の原理原則をガッチリつかむ!/「六本木一丁目」駅徒歩4分
Description

「有機農業の応用1」は、

農業の原理原則を理解した上で、さらに高度な技術や知識を身に付けるための応用コースです。
有機農業における栽培管理について、また、植物生理学、育種学、病害虫管理について学びます。

●1コマ150分間/座学
●場所:六本木セミナールーム(エグゼクティブタワー麻布台1202)

http://www.ehills.co.jp/rp/dfw/EHILLS/morishop/map/exe.php


■講義内容/開講スケジュール

1. 植物の代謝、葉緑素の構造と光合成の仕組み … 8/18(日)10:30~13:00

作物はどのようにエネルギーを得て、体内でどのように利用しているのか、光合成の仕組みを中心に理解します。


2.病気の種類と原因、害虫の分類、生態、防除の基本 … 8/18(日)14:00~16:30

農業をすると、多くの虫や病気が発生します。まずは、その種類や見分け方について広く学びましょう。


3.雑草の生存戦略と対策 … 9/8(日)10:30~13:00
有機農業で最も困難な敵となる雑草。雑草の生存戦略についての学びを通して、どのように雑草と付き合っていくかを解説します。


4.農薬の定義と登録制度、作用メカニズム … 9/8(日)14:00~16:30
有機栽培を志すのであっても、農薬のことは知らなくてはいけません。

農薬の定義、法律、検査体制などから、安全性や利点・問題点などをしっかり理解します。

5.育種の基礎 … 9/29(日)10:30~13:00

F1品種と固定種の違い、受粉の仕組み、遺伝子組み換えの利点、問題点などを学びます。


■担当講師

農学科 講師/石原北斗(株式会社マイファーム技術アドバイザー)

農業は自然と密に関わり、また畑で起こることの変化を敏感に感じ取る能力が求められます。農学科の講義では、イノベーションを起こすための基礎をしっかり学ぶことで、自分で考えられるようになることを目的としています。
皆様と一緒に考え試行錯誤していくことで、既存のやり方にとらわれない、新しい農業技術を生み出していけると思っています。
【経歴】東京農業大学大学院農学研究科修士課程修了。ケニアにおける持続的な害虫管理技術について研究。マイファームアカデミーの講師を務めるかたわら、マイファームの体験農園の技術アドバイザーとして、日々農園を回る。

Event Timeline
Aug 18 - Sep 29, 2013
[ Sun ] - [ Sun ]
10:30 AM - 1:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
8/18(日) 植物の代謝、葉緑素の構造と光合成の仕組み ¥12,000
8/18(日) 病気の種類と原因、害虫の分類、生態、防除の基本 ¥12,000
9/8(日) 雑草の生存戦略と対策 ¥12,000
9/8(日) 農薬の定義と登録制度、作用メカニズム ¥12,000
9/29(日) 育種の基礎 ¥12,000

On sale until Sep 29, 2013, 12:00:00 AM

Venue Address
東京都港区麻布台1丁目4-3 Japan
Directions
東京メトロ「六本木一丁目」駅から徒歩4分
Organizer
アグリイノベーション大学校
33 Followers
Attendees
3 / 100